組み立てシミュレーションシステム(AST)

私たちの研究室では、船などの大型溶接構造物用の組立シミュレータを構築しています。このシステムは、名村造船所において作られた、組立作業を対話形式でシミュレーションし、生産計画に必要な作業情報を生成するシステムです。具体的には、部材リストの中から部材を選択し、計算機内部でブロックを建造していきます。設計者が実際に部材の配置検討を行ないながら工程をシミュレーションしていく中で、得られた製品情報を基に溶接線長やブロック重量、重心などといった様々な情報を生成し、各工場における許容量とのマッチングのチェックなどといった支援を行います。