人工衛星設計支援システム

人工衛星とは、人工衛星本体及びそれを打ち上げるロケット、地上での管制など様々なシステムが複雑に絡み合った大規模システムです。このため、設計から解析まで要求される活動は極めて多様な領域に渡ります。多領域における設計の最適化(Multidisciplinary Design Optimization)のためには、一環した情報モデルによって製品を表現し、支援することが求められています。
 私たちの研究室では、宇宙開発事業団との共同研究により、実際に人工衛星の設計が可能な設計支援システムの開発を通して、この一環した情報モデルを実現するための研究を行っています。具体的には、設計支援システム開発のための技術や、設計&解析における試行錯誤支援のための技術、統合CAE環境の実現のための技術の開発を行い、実際の人工衛星設計システムに実装を行いその妥当性の検証を行っています。

Satellite design system

An artificial satellite is the large-scale system by which various systems, such as a rocket which launches the main part of an satellite, and control in the ground, became entangled intricately. For this reason, the half of design working hours is spent to repeat and correct of a design, and it is wanted to support trial and error efficiently. Then, at our laboratory, cooperation of the National Space Development Agency is obtained and research about the application of a top-down design system which mounted the process manager who can support the trial and error in design & analysis is performed in the conceptual design stage of an artificial satellite.